解禁『3巻』を無料で読める方法は??zipやrar、漫画村にはない?

今回紹介するのは、濡れ太郎さんが原作でドクハクさんが作画の「解禁3巻」です。

早川梓は風呂場で転び、朝比奈諒、司、そして馬場の3人の女性に股間を見られてしまいました。

この事件により男性を知らない諒と司に大きな変化が起こります。

 

介護士の早川梓(あずさ)は、住み込みの仕事で郊外の豪邸・朝比奈家で働くことになった。

その家で出会ったのは、好奇心旺盛な美少女・諒(りょう)。

彼女は超厳格かつ男嫌いの母親に育てられたせいか、【男の身体】に興味津々!

彼女との接触は禁止されているのに、やけに積極的に迫られて…。

「私…もっと梓さんのこと、知りたいです…」

果たして梓はこの誘惑に抗うことが出来るのか――!?

 

そんな、解禁3巻を『無料』で読む方法について、zip、rar、漫画村で読めるのかどうかについてもご紹介していきたいと思います!

 

解禁3巻のあらすじは?

会長の娘の1人の子は風呂場に落ちていた自分の靴下を拾い、馬場に自分がもっと早く帰ったと母に伝えるよう言って部屋に戻ります。

馬場は風呂場の床の上で倒れている早川梓に滑りやすいから気を付けるようにと言って去りました。

床でのたうつ梓に朝比奈諒は大丈夫か声をかけるのですが、梓は何も答えられず丸まって股間を隠すのが精一杯です。

諒は悪びれず初めて見たから好奇心で触ってしまった、どうしたらあんなに硬くなるのだろうと言い、梓はぶぜんとした表情をします。

諒は何も見なかったことにするからおじさんも私のことを見てないってことにするように言い去って行き、梓ははぁとしか言えませんでした。

梓は部屋に戻るともうへとへとでベッドに寝転がると先ほどのことを思い出して恥ずかしさからもだえます。

諒の裸体を思い出しどうにもならない気分になるとリュックからUSBメモリを取り出しました。

朝食の席で会長は靴下を拾った娘、司に帰りが遅いことをとがめます。

司は9時過ぎに帰ったと言うと会長は9時過ぎまでリビングにいたと言い、司はそのすぐ後に帰ったと言い馬場に同意を求めました。

司は学校に行くと席を立つと会長は女子大に行かせたのに何で毎日飲み会に行くのかととがめ、女性でも飲むと言い司は去って行きます。

会長は自分たちの朝食が終わったので馬場に梓を朝食に呼んで来るように言うと、諒が自分が行くと走って行きました。

馬場は諒に行かせていいのかと言うと会長は起こしに行くぐらいならいいでしょうと言います。

梓の部屋は鍵がかかっており、諒は合鍵を使って入ります。

梓は裸で寝ており、お腹と股間に布団がかけられていたのですが男性器の形は分かるので諒はそれをつついて動きを見て遊びました。

そうすると梓が起きたので諒は朝食のことを伝え、パソコンについていたUSBメモリを盗みます。

一方、梅ノ花女子大学では性的欲求(リビドー)の講義がされており、普段は理性や常識に隠されているが誰かと出会うことで解放されると講師が言い、それを聞いた司は昨晩の梓の股間を思い出しひざをもじもじさせました。

講師は性的欲求を覚える相手ができたら開放するように、それは変なことじゃないと言い、司は顔を赤らめます。

梓と会長は車いすで散歩しており、薬と入浴の話しをすると会長は梓をにらみこういう時のために女性が良かった、風呂ぐらい自分で入れると言いました。

会長は1人で車いすで帰ろうとしますが段差につっかえたところを梓に助けられ、ソファーには力強く抱き上げられ思うところがある様子です。

諒は梓から盗んだUSBメモリをチェックすると期待通りエロ動画が隠されていたのを見つけました。

それを見ると徐々に興奮していきます。

梓はランニングをしながら恋人の詩織と電話し、イケメンだから心配だと言う詩織に大丈夫だと安心させます。

会長の娘の話しになると梓は相手は子供だと言うのですが、諒は自室で興奮しておりパンツを脱ぎ捨て我慢できないと困った表情をしているのでした。

 

解禁3巻の感想や見どころは?

会長の娘の1人の子は風呂場に落ちていた自分の靴下を拾い、馬場に自分がもっと早く帰ったと母に伝えるよう言って部屋に戻ります。

馬場は風呂場の床の上で倒れている早川梓に滑りやすいから気を付けるようにと言って去りました。

床でのたうつ梓に朝比奈諒は大丈夫か声をかけるのですが、梓は何も答えられず丸まって股間を隠すのが精一杯です。

諒は悪びれず初めて見たから好奇心で触ってしまった、どうしたらあんなに硬くなるのだろうと言い、梓はぶぜんとした表情をします。

諒は何も見なかったことにするからおじさんも私のことを見てないってことにするように言い去って行き、梓ははぁとしか言えませんでした。

梓は部屋に戻るともうへとへとでベッドに寝転がると先ほどのことを思い出して恥ずかしさからもだえます。

諒の裸体を思い出しどうにもならない気分になるとリュックからUSBメモリを取り出しました。

朝食の席で会長は靴下を拾った娘、司に帰りが遅いことをとがめます。

司は9時過ぎに帰ったと言うと会長は9時過ぎまでリビングにいたと言い、司はそのすぐ後に帰ったと言い馬場に同意を求めました。

司は学校に行くと席を立つと会長は女子大に行かせたのに何で毎日飲み会に行くのかととがめ、女性でも飲むと言い司は去って行きます。

会長は自分たちの朝食が終わったので馬場に梓を朝食に呼んで来るように言うと、諒が自分が行くと走って行きました。

馬場は諒に行かせていいのかと言うと会長は起こしに行くぐらいならいいでしょうと言います。

梓の部屋は鍵がかかっており、諒は合鍵を使って入ります。

梓は裸で寝ており、お腹と股間に布団がかけられていたのですが男性器の形は分かるので諒はそれをつついて動きを見て遊びました。

そうすると梓が起きたので諒は朝食のことを伝え、パソコンについていたUSBメモリを盗みます。

一方、梅ノ花女子大学では性的欲求(リビドー)の講義がされており、普段は理性や常識に隠されているが誰かと出会うことで解放されると講師が言い、それを聞いた司は昨晩の梓の股間を思い出しひざをもじもじさせました。

講師は性的欲求を覚える相手ができたら開放するように、それは変なことじゃないと言い、司は顔を赤らめます。

梓と会長は車いすで散歩しており、薬と入浴の話しをすると会長は梓をにらみこういう時のために女性が良かった、風呂ぐらい自分で入れると言いました。

会長は1人で車いすで帰ろうとしますが段差につっかえたところを梓に助けられ、ソファーには力強く抱き上げられ思うところがある様子です。

諒は梓から盗んだUSBメモリをチェックすると期待通りエロ動画が隠されていたのを見つけました。

それを見ると徐々に興奮していきます。

梓はランニングをしながら恋人の詩織と電話し、イケメンだから心配だと言う詩織に大丈夫だと安心させます。

会長の娘の話しになると梓は相手は子供だと言うのですが、諒は自室で興奮しておりパンツを脱ぎ捨て我慢できないと困った表情をしているのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です